ホーム

超小型の高温ホットエンドを提供

従来のヒーターブロック全体を加熱し熱容量による温度保持を行う方式と異なり、セラミックヒータと低熱容量の部材を組み合わせ「必要な場所を必要な時に必要なだけ加熱する」新しいコンセプトのホットエンドを提供致します。

● 世界最高クラスの加熱温度 500ºCを実現

● オンデマンドライクな温度制御が可能

● 均一な加熱により素材(フィラメント樹脂)へのダメージが少ない

構造

 

フィラメント流路は段のある円筒形状で、その下端はテーパー状に細く加工され、先端に樹脂射出用のノズルを備えています。ノズル上部は薄型セラミック加熱板2枚で平行に挟まれた構造になっています。

昇温特性

消費電力

昇温後にその温度を保持するための消費電力を示します。

500ºCでもその消費電力は約10Wとなります。これは高温状態のヒーター部の熱容量を小さくし、オンデマンドライク(必要な場所を必要な時に必要なだけ加熱する)な熱制御の効果と考えています。

この構造は過度な加熱がなく素材(フィラメント)に対するダメージも少ないと考えられます。

お問い合わせはこちらまで