新着情報

2020年4月公開

➀当社ラインヘッドを用いカーボンファイバー(CF)で構造体の造形に成功しました。造形パターン・積層数を変えることでその強度・バネ性を変えることが可能です。

 

②同志社大学 無機合成化学研究室(廣田 健 教授)よりセラミックス(ZrO2-Al2O3)+樹脂混合フィラメントを供給頂き造形テストを行いました。大学で脱脂・焼結を行い緻密なセラミックスが出来ています。ヒドロキシアパタイトなどの材料も使用可能で今後の応用が期待されています。

同志社大学 理工学部 無機合成化学研究室https://se.doshisha.ac.jp/education/laboratory/chemical/inorganic_synthesis.html

③3Dプリンター M3145TP(L-DEVO)を導入し、当社高温ホットエンドを搭載しました。PEEKなどのスーパーエンプラ造形で最大サイズ 315×315×450に対応致します。