用途

スーパーエンプラ、PEEK材の3D造形に成功

当社はスーパーエンプラに対応可能なFFF方式の3Dプリンタ用高温対応ホットエンドを開発した。

3Dプリンタ業界は一般のコンシューマーを巻き込んだ一時のブームが落ち着き、プロ用途の堅実な成長が期待されている。

FFF方式の3Dプリンタは簡易な構成ながらホットエンドの温度次第でスーパーエンジニアリングプラスチック(以下スーパーエンプラ)などの高温材が扱える。

スーパーエンプラとしては、PEEK、PEI (ULTEM)、Nylonなどと、炭素繊維などの樹脂物性を改良する添加物質を練り込んだものが注目を集めている。

そのなかでも、PEEKは耐熱性、耐薬品性、機械強度にすぐれておりスーパーエンプラの代表格となっている。航空宇宙、医療をはじめOA、半導体等に用いられているが、従来の射出成形や切削加工では、加工費が高いとの声が聞こえる。

3D造形は、射出成形に比べて高価な金型を用いる必要もなく、切削加工のように材料を無駄にすることなく、更に造形の際の充填率を変えることで、樹脂の使用量を低減してコストを下げることが可能となる。

当社では、開発した高温対応のホットエンドを、スーパーエンプラ非対応の市販プリンタに搭載することでPEEK材の造形に成功した。