造形サービス

~スーパーエンプラ対応、大型対応(Max310×310×450)~

弊社独自開発の500℃ホットエンドを搭載し、スーパーエンプラ造形に対応した3Dプリンターを3台保有しています。フィラメントを乾燥ボックスから予備加熱(~150℃)しながらプリンターに供給し、吸湿などの影響を回避し造形の安定化を図っています。対応可能な材料はPEEK(CF30)、PEEK(natural)、TPI、PPS、PA、PCなどです。

これらの材料の中でPEEK(CF30)は特に形状安定性が優れており、大型化に向いていますが、造形温度が高く(460℃以上)、造形できるプリンターは限られています。下記にPEEK対応装置の比較図を示します。弊社ではPEEK(CF30)を用いたより大型の造形が可能です。

その他、大学との共同研究でセラミックを混錬したフィラメント(造形後、脱脂、焼結して仕様)の造形等の経験もございます。

保有プリンター(スーパーエンプラ対応)

no. 機種名 メーカー 最大造形サイズ ホットエンド ヒートベッド
1 MF2500EP改 武藤工業 300×300×300 460℃ 150℃
2 MM3145TP改 L-DEVO 310×310×450 500℃ 130℃
3 X-pro改 QIDI 230×150×150 500℃ 180℃

 

お問い合わせはこちらまで